読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなのもいる

日々考えていることを書き残しています

博物館が不要な人は、家族の思い出写真もいらない人

まちに、博物館とか、歴史資料館というような

地域の歴史を調べて、紹介する施設があります。

ないまちもあります。

 

これらの施設は、ほとんどが公立のものです。

時々、博物館のようなハコモノに税金を使うのは無駄遣いだから、

作る必要はない、つぶしたほうがよい、

という意見が出されます。

一般市民からも、首長からも。

 

そのようなことを言う人は、歴史をきちんと記録、整理し、

後世に伝えることは不要、という考えをお持ちでしょう。

だから、旅先での風景やレストランで出て来たおいしい料理を撮った写真、

家族でどこか出かけた時の写真やビデオ、

子どもが一生懸命、学校で作った図工作品などには、

一切の興味や価値を感じず、

記録しなかったり、すぐに捨てたりしているんでしょうね。

もし、残しているとしたら、考えと行動に矛盾が出てきます。

特に、市町村長といった首長さんや、役所の人が、

家族の思い出は残すが、まちの思い出は残す必要はない、

ということでしたら、これは、大きな矛盾を感じます。

まちのために働いている人が、まちの成長過程を顧みない、

ということですから。

 

住民や、観光客等の来訪者が、

まちのことを知りたいと思った時、

まちの過去のことは記録に残っていないのでわかりません、

ということで、いいんでしょうかね。

まちの成り立ちを知りたい→わかりません

まちの名産品を知りたい→わかりません

まち出身の偉人を知りたい→わかりません

まちに起こった災害を知りたい→わかりません

まちの人口推移を知りたい→わかりません

このようなことで、

住民に、まちに愛着を持ってください、とか

観光客に、まちに興味をもって来てください、と

呼びかけても、説得力はありません。

愛着や興味を持つ、きっかけが足りないのですから。

 

海外に留学したり、仕事に行った人が、

相手から、日本のこと、特に歴史や文化について聞かれたとき、

自分がそれらについて不勉強だったため、

うまく答えられず、恥ずかしい思いをした、

ということがあるそうです。

 

日本国内でも同じじゃないかな。

あなたの住んでいるまちには、何があるの、

と聞かれて、何もない、または、知らない、

という答えでは、会話が弾まず、さびしくありませんか。

 

公立博物館って、やっぱり必要なんじゃないかな、

と、こんなのさんは、思いました。