読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなのもいる

日々考えていることを書き残しています

老人のユートピアは若者のディストピアか

平成26年度 厚生年金保険・国民年金保険の概況

というものが公表されています。

 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000106854.html

 

これによると、厚生年金保険受給者の平均年金月額は、

平成26年度末現在で、老齢年金は14万8千円 となっています。

また、 国民年金受給者の老齢年金の平均年金月額は、

平成26年度末現在で5万4千円、平成 26年度新規裁定者で5万1千円となっています。

それぞれ、12をかけると年額になるので、

厚生年金の年額は、1,776,000円、

国民年金の年額は、648,000円 となります。

 

一方、平成26年賃金構造基本統計調査結果によると

高卒1年目の平均初任給は158.8万円、

大卒1年目の平均初任給は200.4万円 だそうです。

 http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/14/01.html

 

厚生年金をもらう夫と国民年金をもらう妻、

という世帯だと、世帯での年金収入額は、年額約240万円

という計算になるのかな。

大卒1年目の年収より多いね。

 

多くの老人の皆様は、もらえている年金の額が足りないので、

もっとくれ、税金をまけろ、色々なものの料金を減額・無料にしろ、

という要求をしています。

 

年金を増やしたり、料金を無料にした分のお金は

高卒1年目や大卒1年目の人々を含めた

現役世代から徴収する年金や税金等から補填されます。増税することもあります。

あるいは、現役世代が将来使う分を、前倒しで使います。

 

 さて、新社会人は、これまで学生割引料金や学生向けサービスを受けていましたが、

働きはじめると、一般料金を払うことになります。

 

こういうことかな。

高齢者:シルバーパスで交通費無料、シルバー料金で入場料割引、

ういたお金で豪華なランチ。

新社会人:学割使えず交通費増額、学生料金でなく一般料金で入場料増額、

お金を節約するため、ファミレスのドリンクバーで粘る。

 

高齢者は、これまで頑張ってきたからサービスされて当たり前、

新社会人は、これから給料が増えるから我慢しなさい、ってことかな。

毎年昇給する時代は、終わったんですけどね。 

 

お金が足りないなら、結婚して共働きすればいい、ってことかな。

高齢者のサービス維持・向上のために

若者世代は結婚して共働きしましょうってことかな。

 

すごい社会になったもんだ、と

こんなのさんは、考えました。