読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなのもいる

日々考えていることを書き残しています

リーダーには3タイプいる

部活動の部長、会社の社長、一国の総理や大統領など、

これまで色々な代表者、リーダーが

私たちの前に現れては消えていきましたが、

私は、次の3タイプに分けられると思います。

 

・牽引型

先頭にたって判断し、進んでいくタイプ。

「私が決めました」

どっちに行ったら分からない時、

自分は責任を負いたくない時、

絶対信頼できると思える時には、とても心強いです。

判断を間違えると目も当てられない結果が

待ち受けているかもしれません。

 

・協調型

みんなの意見を聞いて、最大公約数的解決策を出してから、進んでいくタイプ。

「みんなで決めました」

方向を決定するまでには時間はかかりますが。

失敗のリスクを少なくしたい時、

自分も判断に参加したい時には、いてもらいたいです。

責任者が誰か、わからなくなることもありますが。

部外者からは、リーダーシップを

発揮しているようには見えないかもしれません。

 

・傀儡型

周りの人に決めてもらったことを、さも自分で決めたように振る舞うタイプ。

「みんなを信頼して任せました」

リーダーに手柄を奪われて、メンバーには気分が良くないこともありますが、

逆に考えると、失敗した時の責任もおしつけられるので、

リスクが高い時には、こういう人にリーダーを任せて、

自分は高見の見物を決め込みたいです。

 

傀儡型リーダーに限って、自分は牽引型リーダーと思っちゃうことが多いんだよね。

周りからは傀儡型リーダーと思わせといて、本当は牽引型や協調型リーダーだったりすると、これはなかなかの曲者。

 

最近、新しい知事や政党の代表が決まりましたが、

どんなリーダーなんですかね、楽しみ楽しみっと、

こんなのさんは思いました。