読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなのもいる

日々考えていることを書き残しています

公営墓地を新たに作る必要があるのか

ベッドタウンの市や町の長や議員の中には、

選挙公約に公営墓地の建設を挙げる人がいます。

 

ベッドタウンに引っ越してきた人の多くは、

その地に強制的に移住させられたわけではなく、

自分の意思で引っ越してきたんじゃないかなあ。

もちろん、自分の懐具合や通勤時間などの

制約はあったと思うけど。

 

で、そのような、自分の意思で引っ越してきた人のために、

税金を原資にした公金を使って、

公営墓地を作る、という発想って、

どうなんだろうね。

自分で家を探して、買って、引っ越してきたように、

自分でお墓をたてる場所を見つけて、入ればいいんじゃないのかな。

今住んでいるまちに、

必ず自分のお墓がなければならない、ということではないし、

多少、遠いところにあっても、

敬う気持ちがあれば、残された肉親などは、

お墓参りにいくと思いますが。

 

まさかと思うけど、

公営墓地建設を訴えている首長や議員が、

自分が尽力して作った公営墓地に

真っ先に入るようなことはないよね。

そんな私利私欲、我田引水のためではないよね。

むしろ、自分の墓地スペースは

後回しにしてくださいと、

いうに決まってますよね。

最後の最後に、

その人の本性が現れるんでしょうかね。

 

と、こんなのさんは、思いました。