読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなのもいる

日々考えていることを書き残しています

日本文学史におけるラノベや漫画の位置づけ

日本文学史の教科書に目を通してみました。

 

現代文学の項目では、村上龍大江健三郎が紹介されていました。

・・・現代って、いつのことを言っているのでしょ。

1970年代、1980年代かな?

 

今は2010年代なので、

70年代、80年代を現代と扱うのは、

なんだか違和感を感じます。

1990年代以降の文学は、

まだ評価が定まっていない、ということでしょうか。

 

いずれ、いわゆる「ライトノベル小説」も

評価が定まれば、教科書に載り、大学入試に出たりするんでしょうかね?

「うわー、『化物語』の作者名答えられなかった〜」

という阿鼻叫喚の声が入試会場に響くのでしょうか?

 

 また、国内外で、文学のみならず、

社会全体に大きな影響を与えている「漫画」も

日本文学史の教科書には出てきません。

平安時代の絵巻物や江戸時代の浮世絵は載っています。

これも、ライトノベルのように、

評価が定まっていないから、ということなんでしょうかね?

手塚治虫トキワ荘メンバーのくらいの世代までは、

世界的にも評価が出ていると思います。

漫画は文学に位置づけられていない、ということなんでしょうか。

 

学校の先生が大真面目に、

涼宮ハルヒの憂鬱』や『ドラえもん』について教える、

なんて時代が、早く来ないかな、

と、こんなのさんは、思いました。