読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなのもいる

日々考えていることを書き残しています

子どもを安心して産める、育てられる環境ならば引っ越してきて、住み続けるか

まちの広報紙を読んでいたら、

人口減少に対応したまちづくりの視点として、

産科、小児科を充実してはどうか、というものがあった。

 

確かに、まちとして、

これから子どもを産み、育てる人々を呼び込むためには、

産科、小児科や、保育環境を充実させることは必要だと思う。

けれども、それを理由として、出生率が高まるだろうか。

よそのまちから人口が流入したり、

あるいは、よそのまちへの人口流出に歯止めがかかるだろうか。

 

まちにある産科や小児科にかかることができるのを、

そのまちに住んでいる人に限定するようなことは、

現実問題としては難しいと思う。

また、出産費用や小児医療費の補助や、

保育園に必ず入れるような仕組みを用意しても、

補助期間が終わったり、小学校に上がる段階で、

もうまちからもらえるものはないので、

このまちには用はない、ということで

引っ越してしまうようなことになったら、

役所としては、ずっと住み続けてもらいたかったから

面倒みてたのに、いなくなってしまい、

お金を出したり、環境を作ったのに、

損した、ということにはならないだろうか。

 

どんな条件なら引っ越してくるか、あるいは住み続けるか、

聞いてみたらどうだろうね。

役所にしてみたら、

そんなの無理、という要望が上がってくると思うが、

そんな現実も認識しなければならないのではないかと、

こんなのさんは、思いました。